カタログスタンドで高まる集客力|驚異的な売上UP

カタログでアピール

チラシスタンド

カタログを多く設置できるカタログスタンドは、使い方に注意する必要があります。元々数多くの種類のカタログを展示できるように設計されているものですが、利用者が手に取ることで空きスペースが出てきます。そのために、常に注意を払ってカタログの補充をする必要があります。カタログがなくなっているにも関わらず、そのままにしておくと機会損失につながるからです。また、空きスペースの多いカタログスタンドは人気が無いという印象も与えてしまうものです。十分な数のカタログを用意しておいて、きちんと補充することが必要です。また種類も増やしておくと、選ぶために立ち寄ってもらえることになります。遠目から見てもその種類の違いが分かるようにすることが大事です。

カタログスタンドの使い方は、カタログの表紙をいかに魅力的に見せるかがポイントになります。そのために色やデザインが似通ったものを近くに置いてしまうと、その違いが分かりにくくなります。できれば反対色を使っているようなもの同士を横や縦に並べることが必要です。また、ひとつのスペースに沢山おいてしまうと、長く放置された場合にカタログがかなり傷んできます。汚れたカタログは印象も良くないので、なるべく詰め込むことなく設置すると綺麗な状態で持ち帰ってもらえるようになります。また、あえて数を少なくすることによって、人気があるという印象を与えることもできます。特に利用して欲しいカタログがあれば、数を減らしてカタログスタンドに置いておくと効果的となります。

広告の効果

旗

のぼりの最大の効果は、風に振られて動く事にあります。人は、静止している姿よりも動く姿に意識をむける生理反応を持ち合わせているためです。店舗カラーや企業カラーで配色する効果と、逆の発想による効果は、利用する場所によってのぼりの効果に違いが現れます。

もっと見る

安心感を与える勧誘ツール

電子メール

電子情報と比較して郵送で現物が見られるダイレクトメールは認知度が高くなり、安心感を与える営業ツールになっています。ダイレクトメールは既存顧客に送るものと新規顧客に送るものがありますが、それぞれで経費計算をしてから作成するようにしてください。

もっと見る

店舗や商品のPRに最適

看板

東京オリンピックに向け、神奈川では観光客の増加が期待されます。看板は、店舗などのPRに効果が期待できます。看板設置には、2つのポイントがあります。1つには設置場所の情報を知ることです。そして、これに基づき、内容を確定していきます。業者とうまく連携すれば、効果の高い看板設置が行えるでしょう。

もっと見る